多汗症と診断されたわけではありませんが、確実にその部類だと思います。

女性ですので少しの発汗でも気になるところですが、私の場合は多量の汗をかいてしまいます。

一年の内、5月下旬の気温が高くなってくる頃から汗の量が気になり始め、近所への買い出しや、出掛けるなどの外出で多量の汗をかきます。

部位としては、頭皮からの汗、顔汗です。

体の高い位置からの発汗なので、どうしても下に向かって流れて行きます。

6月の湿気が多い時期になると尚更で、徒歩5分であっても、ジワジワ、ダラダラと発汗してしまうので徒歩での行動が嫌になるほどです。

酷い時には、頭皮からの汗で髪までシットリと濡れてしまいますから、恥ずかしいと同時に傍からの見た目もとても気になります。

その為、真夏は髪をおろすことも出来ないので常にまとめ髪をするようになります。

外出時にはハンドタオルを2枚と、扇子、汗ふきシートなどの体臭対策用品が手放せません。

また、6月から夏が終わり気温が落ち着くまでの数か月間は外出のたびにトップスを着替えないと、自分自身汗臭くないだろうか、と気になって仕方ないので本当に苦痛で外出すらしたくないと思ってしまいます。

頭皮からの発汗も困りますが、顔汗もせっかくしたメイクもすぐに崩れてしまうし悩みの種です。

メイクも落ちてしまいますし、日焼け止めの下地も汗を無ぐう間に取れてしまうので、シミもできやすくなってしまうのも悩みです。

真夏でもサラッと涼しげに過ごしている方が大半なのだと思いますが、本当に羨ましく思ってしまいます。